FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけまして(;゚ H゚)ゞ

まいど。
明けましておめでとうございます。

いやもう1月も経ってんじゃねーかって?あぁホントじゃあ…
いつも通りの不精ぶりを発揮してしまっております、ドリル汁です。

明けましておめでとうございますっ


次回、というか明日なんでしょうが、今月末発売のペンギンクラブに
あいつはヴァイオレンスヒロイン第10話が掲載されます。
おっぱいとかムチムチとかは無縁の回になってしまっており、大変申し訳ありません;;

よかったらご覧になってくださいませ(;゚ H゚)ゞ


折角なんで、去年の個人的な事件とかイベントとかを幾つかピックアップしようかなぁと。


■某氏とのケンカ
6月頃のアレですな。マジンガー一つで随分と盛り上がってましたなぁ。もうね、アホかと(俺が)。

でもお陰で、その様を目撃してた方々と妙な縁を持つ事が出来る様になりまして。
いまでもあの狂った事が無ければ、余湖先生からお手紙を頂くなんて事は無かったんだろうなと。


■都条例・東京都青少年健全育成条例・の改正案
改めて、マンガやアニメの偏見が払拭されていないんだなと痛感した事件です。
世の中法律や規制だけでは総てを守り切る事などは不可能で、そして大抵、犯罪から守ってくれているのは
その国の人間の良識や道徳観なんだと思うんですよね。

規制反対派はその人間の良識を叫びすぎて、
賛成派は法を偏重しすぎるのかなと。

でも俺、自分の良識や常識が信用出来ないから、法にソレを委ねると言う考え方は問題なんじゃないかなと感じました。
自分に自信持てない奴に、人はついて来てはくれないよ?俺みたいに。

松本零士 先生も産経のインタビューで、俺と似たような事言ってましたっけ。


■単行本発売
初の長編作品です。
ドリル汁の最初期から好いてくれている方の中には、最近の作風がキライだと仰る方もいらっしゃる様で、
なんというか、申し訳ないとしか言い様が無いなぁと。ホントスンマセン。

短編ばかりだとネタが枯渇しやすいだろうし、1話ごとにキャラをデザイン、使い捨てしてゆくのがどうにも気に入らなかった事もあり、しばらくは長編をメインに描いて行きたいなぁと。

通産4冊目の単行本ですが、レビュアーさんだけではなく、友人に面白いと言われたのはコレが初めてじゃなかろうかと。
「エロいし、面白かったです」と、飲み仲間に電話で聞かされた時は感動のあまり申し訳なくなった程(どんなだ?)

そして、エンジェル倶楽部の巻末にてインタビューを受けられた事もある、エロ漫画レビュアー「へどばん」さんに「2010年私的ベスト20作」にて1位に選んで下さった事は、年末一番の驚きでしたね。
きっと人生初の一等賞ですよ。

主人公の猫宮慶(ケイ)が可愛いとの評価も、他の方々から頂きましたね。
ホントこいつどうなっちゃうんだろう、どう見られちゃうんだろうかと相当不安だったんですが、一先ずは一安心ですかね。


そういや去年のふたけっとで出した同人誌、あれも人生初のカラー表紙の個人オフセット誌だったんですよね。

とらのあな用の着せ替えカバーも人生初でしたね。
実はあのデザインやキャラ選択にはちゃんと意味がありましてね…


こうしてみると、初めてってのが随分有る年だったんですかね。フィギュア一杯買ったのもこの年からだった気がします。


話変わって。

真マジンガーZERO4巻購入

あしゅら男爵の姦計は、東映版マジンガーZの序盤、人心を惑わしマジンガーZと兜甲児、光子力研究所を守るべき人達の手でDr.ヘルに差し出してしまうエピソードに通じるものがあるなと感じました。
個人的に、東映版マジンガーZで一番面白かったのは序盤だったんですよね。あしゅら男爵マジ優秀。
敵が強くて格好良いと、主人公も映えるという物です。

変なガンマン登場。構図とかまんまじゃないかw ♪ル~ルル~ルル~♪
弓教授マジイケメン。そろそろ3博士のハレンチ所業に暴力で訴えてもいいと思うんだ…。

兜甲児。あのグローブと、人様の感想と、桜田版グレートマジンガー(未読)の顛末で、サイボーグ手術を受けちまったのかなぁと想像してたんですが、最早そんなレベルじゃなかったですな。
なんという阿修羅地獄。これが永井豪的主人公という奴か;;


マジンカイザーSKL購入
第1巻は調合金魂カイザー付き。
掴んだだけでチクチクと痛い玩具なんて初めてだよ…。なんという対象年齢15歳以上。
お陰で指怪我しちゃったよ!

OPにシビれました!
コメンタリーにて、カイザーをはじめとする超兵器?は、地下に埋もれており遺物扱いなんですと。
そのカイザーが氷漬けの上に鎖で縛り付けられてた映像が流れる訳ですな。
どこのデビルマンかと。いやむしろアモンなのか?

デザインがギザギザで悪そうな上に、乗り込む人間が兜甲児でも不動明でもなく、ガクエン退屈男のキチガイ2人組ってのが、より悪魔と化したマジンガー(カイザー)を際立たせてるのかなぁと。
敵側の強さや邪悪さがもっと描写されていたら、カイザーやパイロット2人組の凶悪さも際立ったのかなぁと。
でもコレ全3話なんだぜ…。

USTで製作者の皆さんのフリートークなども見ましたが、最近は本当にロボをちゃんと描ける作画さんが減ってしまったんだそうです。
オールドタイプなロボット作品を楽しめるのは、もうスパロボくらいしかなくなってしまう世の中になってしまうんですかね…。


漫画版デビルマン購入
原作漫画、ではなく、そもそもアニメとのタイアップ物として企画されてたみたいですね。
当時はデビルマン他、マジンガーZも同じ様に作品展開されてたんですね。

単行本は、言葉狩り以前の「新書版」全5巻と、新デビルマンの計6冊を、オークションにて1600円程で購入。
言葉狩りが特に気にならないのであれば、その後に出た完全復刻版というのを買っても良いと思いますが、6~7000円ぐらいするんですよね、確か…。

顛末をある程度知ってしまっていた後で読んだので、最終巻を読んで大ショックを受けるという事はありませんでした。
只、お話の流れが最近のマンガや出版物の規制とどこかダブって見えたかなと。
雷沼なるノーベル賞博士が、間違った認識の元に悪魔狩りを仕向けてゆく様とか。

また、世界が戦争や核戦争で滅びるかも知れないというお話の流れは、まさに当時の冷戦下で描かれた物なんだなと感じました。ウォッチメン以前に作られたお話なんですよね、コレ。

今後デビルマンを読まれるのであれば、新書、若しくは完全復刻版を、
そして、新デビルマンなどの派生作品は最初に読んでしまわない様にご注意ください。

思いっきりネタバレされちゃってますので。



乱筆乱文が過ぎたので、本日はコレにて。
とりあえず、今年も宜しくお願い致します!
それでは!(;゚ H゚)ノシ

プロフィール

ドリル汁

Author:ドリル汁
まいど。

こちらは、日々いろんな人に迷惑をかけながらダラダラ生きてる
えろ漫画描きのブログです。

2015年1月30日
新単行本 イケない♥スペルマビッチ!!!発売!
よろしくオネガイシマス!!マジで!!!!!

最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。